通信制大学(文系)はこんな人に向いている!

仕事の理由で定期的な通学が難しい人におすすめ

文系の学部学科がある通信制大学は、理系と比べると実習や演習のために通学をする日数が少なく、なるべく休まずに大学を卒業したい人に向いています。最近では、法学部や文学部、心理学部など文系の分野に力を入れている通信制大学の数が増えており、テキストやオンライン教材を利用して無理なく卒業に必要な単位を取得できる環境が整いつつあります。また、初めて通信教育に取り組む学生が無理なく学習を進められるよう、メールやSNS、郵便のやり取りなど様々な手段でサポートを行っている大学もあります。そのため、挫折することなく文系の通信制大学を卒業したい人は、入学選考に向けて大学ごとのサポート対応について調べたり、卒業生や在学生の体験談を参考にしたりするのがおすすめです。

職業に直結する資格や免許を取得したい人にもおすすめ

文系の通信制大学は、医療や福祉、教員などの免許や資格の取得ができる課程が設置されているところが多く、就職や転職を希望する人や、職業上の問題解決をしたい人にとって欠かせない存在となっています。過去に多数の卒業生を輩出している通信制大学の中には、免許や資格の取得を考えている学生のために、実習先のあっせんをしたり、実習のスケジュール調整の相談に応じたりしているところも多く、年齢や性別に関係なく無理なく卒業までに必要な学習を進めることが可能です。その他、文系の通信制大学によっては、既に社会で活躍している学生を対象に奨学金を支給したり、授業料の一部を免除したりしているところもあり、経済的な面でも不安なく卒業を目指すことができます。

教育免許を取得する手段はいくつかあります。教育免許を通信大学で取得する場合は、取得可能な教員免許に関する科目を自宅で学習します。科目によっては、対面講座があります。