通信制の特徴を活かした文系学部は?

文学部はテキストを使用して学習に取り組みやすい

通信制の特徴を生かしやすい文系学部はいくつかありますが、中でも日本文学や英米文学を専門に扱う文学部は、社会人でも無理なく仕事終わりや休日にテキストを使用した学習を進めることが可能です。最近では、文学部が設置されている通信制大学において、テキスト学習を効率よく進められるよう教員や学習アドバイザーが相談に応じたり、定期的なレポート課題を通じて個々の学生の習熟度を把握したりと様々な対策が行われています。また、一度も通学をしなくても卒業に必要な単位を全て取得できるところや、自宅に居ながら定期試験を受験できるシステムを導入しているところも増えており、本格的に文学を学びたい人にとって好ましい状況にあります。

経営学部や経済学部ではオンライン授業が活発に採用されている

経営学部や経済学部など職業生活で役立つ事柄を学べる学部がある通信制大学の中には、テキスト学習やスクーリング授業だけでなく、オンライン授業を活発に取り入れているところが多く見られます。通信制大学のオンライン授業は、自分が苦手な箇所を繰り返して学習できることや、日中に手が離せない人も都合が良い時間に興味のある講義を聞けるといったメリットがあります。そのため、通信制大学で経営や経済に関する専門知識を身につけたい人や、将来に繋がる資格検定を取得したい人は、オンライン授業に定評があるところを入学先に選ぶのがポイントです。 なお、オンライン授業に対応している科目や授業のカリキュラムなどは、大学ごとに違いが見られるため、志望校を決めるうえで早めに入学願書やホームページなどを通じて確認しておきましょう。

小学校教員免許を通信制のある大学で学んで取得する方法があります。他大学卒業者は編入制度を利用すれば、最短で教員免許を取得することも可能です。