一般的な文系学部は?

働きながら資格が取れる法学部

通信制大学の文系学部で、一般的な学部の一つが法学部です。法律を学べる法律学科や政治経済を学べる政治経済学科などがあります。行政書士や司法書士、社会保険労務士などの資格取得を目指せる大学もあり、人気です。働きながら資格取得や公務員試験受験を目指す人が通信制大学の法学部に通っているケースもあります。

また難関私立大学の通信制に通うこともできます。通信課程から一般の学部への編入を認めているところも多く、がんばり次第では難関私立大学本科の授業を受けることも可能です。大学入試では合格できなかった方が、通信制の法学部から一般の法学部へ編入し、法科大学院を経て法曹となるケースもあります。難関私立大学の通信制の法学部だと、30代以上の方だけでなく10代、20代の方もいます。

保育士や教員免許がとれる教育学部

通信制大学の教育学部も人気があります。特に幼稚園教諭や保育士、小学校の教員免許をとれる通信制大学が多いです。一般の大学や短期大学を卒業した方が教員免許を取るために、通信制大学の教育学部に編入するケースもあります。

教員免許を取るためには教育実習や介護の実習に行く先を自分で探さないといけない大変さがありますが、中には通信制の大学がサポートしているところもあります。アドバイスを受けながら探すとよいでしょう。

幼稚園教諭や保育士の免許が取得できる学校は、子育て中や子育てが一段落した女性が多いという特徴もあります。スクーリングを土日に開講しているところや託児所を校内に設けているところもあり、サポートが手厚いです。

通信の大学の魅力は、学費の安さやマイペースで学べることの他に、社会人として働いてきた知識、経験を活かせることです。